家庭教師に求められるポイント

 今の家庭教師に求められるのは、知識や経験だけでなくコミュニケーション能力が重要となります。

家庭教師に求められるコミュニケーション能力

ミュニケーション能力など家庭教師の人柄も大きな要因です。そこでこのページでは、家庭教師に求められるポイントを項目別に下記にピックアップしてみました。

 家庭教師は、その名の通り家庭で教える教師ですから、当然生徒のご自宅に伺います。ということは、生徒のご両親とも会うわけです。ただ、生徒に勉強を教えて帰るような家庭教師は今は求められていません。生徒とのコミュニケーションはもちろんのこと、生徒のご両親とも円滑なコミュニケーションが必要になります。生徒の成績についてや家庭教師自身の体験談などを踏まえてご両親と話をすれば、ご両親にとってもとても魅力ある家庭教師に感じることでしょう。さまざまな家庭教師がいますので、ご両親もちょっと不安な面があると思います。ましてや初めて家庭教師を利用するならなおさらです。生徒にもご両親にもコミュニケーションが取れる家庭教師が、理想の家庭教師です。

家庭教師に求められる役割

 家庭教師は、生徒から見れば当然「先生」です。しかし、塾の先生と違う点はマンツーマンで指導すること。それは、家庭教師が生徒それぞれの学習ペースや性格などに合わせた指導方法を取ることができるメリットな部分です。家庭教師は、生徒のことをよく知ることができるということです。言い換えれば、生徒も家庭教師のことをよく知ることができます。勉強のみならず、学校のことやプライベートな話をすることでとても家庭教師が身近な存在になると思います。立場的には「先生」の家庭教師が、兄や姉のような役割を果たすことができるのです。何でも話せる家庭教師であれば、勉強もはかどるというものです。

家庭教師に求められる行動

 社会人なら当たり前なのですが、遅刻や無断欠勤は指導している生徒やご両親の信頼をなくすことになってしまいます。決して安くはないお金を払って家庭教師を頼んでいるのですから、遅刻や無断欠席をしない家庭教師を選びたいものです。何か理由があるのなら、事前にきちんと連絡をするなど常識を守る家庭教師が求められます。家庭教師プロではそこは安心かも知れませんね。

家庭教師に求められるやる気

 モチベーション、いわゆる生徒の「やる気」というのは、成績を上げるためにも重要な要素の一つとなります。生徒自身、やる気が起きるならそこまで家庭教師に勉強を教えてもらおうとは思わないでしょう。分からない問題だけ聞くのなら、通信教育でも十分です。しかし、そこが難しいところ。人の集中力は、長い時間持続させることは至難の業です。ましてやお年頃の年代なら、遊びたいという気持ちが強いのではないでしょうか。しかし、生徒にやる気を起こさせるのも家庭教師に求められることです。成績が伸び悩んでいるお子さんなら、少し勉強が嫌になっているかもしれません。それを、勉強ができれば「分かる」「楽しい」といった気持ちを持たせるように、家庭教師が生徒に教えるのも必要な指導です。その中で信頼関係が生まれ、小学校受験の対策にも、一生懸命になってくれるでしょう。

簡単なことではありませんが、生徒に「やる気」を起こさせることができる家庭教師が求められるのです。

注目サイト


楽器の買取業者を紹介してます




最終更新日:2019/9/3

Copyright (C) 2008 今こそ家庭教師!!. All Rights Reserved.